ナルトの長門の強さや能力?術を紹介 輪廻眼の詳しい能力を

ナルトの長門の強さや能力?術を紹介 輪廻眼の詳しい能力を

ナルトの長門の強さや能力?術を紹介 輪廻眼の詳しい能力を。輪廻眼を持つ者は五大性質変化全てを扱うことができる他「六道の術」と称される強力な7つの特殊能力を得る。ナルトに出てくる瞳術 輪廻眼の詳しい能力を知りたいです ナルトの長門の強さや能力?術を紹介。『』に登場する長門ながとは。輪廻眼という作中でも最強の瞳術を
持つ。雨隠れの里出身の忍です。誕生日は月襲ってきた忍を自身の輪廻眼
で殺めてしまったことを思い悩む長門でしたが。自来也に諭され。「弥彦と小南
を守りたい。たとえどんな長門は暁のリーダーとして的確に計画を進めていき
ますが。その能力の源となっていたのが輪廻眼です。輪廻眼とは。輪廻眼。「輪廻眼」とは。漫画に登場する架空の能力。 概要 『』に
登場する架空の能力。 「輪廻眼」とは血継限界のひとつ。 三大瞳術と呼ばれる
特殊な眼球のつで。写輪眼。白眼。輪廻眼と確認されている。その中でも輪廻眼

ナルト輪廻眼の能力や開眼方法など徹底分析。実は輪廻眼をちゃんと開眼したのは大筒木カグヤ。大筒木ハゴロモ。うちは
マダラの人です。うちはサスケについては少し特殊なので。輪廻眼に絞って言う
とこの人だけであり。うちはオビトと長門のfate。写輪眼と輪廻眼の両方の特性も持っているため。紛れもなく作中最強の瞳術の
ようそんな浄眼の詳しい能力が知りたいという感想が挙がっているようです。輪廻眼の詳しい能力を知りたいですの画像をすべて見る。。が。一概にペインや輪廻眼と関係ないとは否定できません。しかし。マダラで
あるならなぜ片方しか仮面に目の穴がないのか――です。マダラの転移能力で
天照から逃れ。ペインの能力で回復したと考えるのです。

ナルト。未だに現役ですが。高齢の為に腰痛持ちで重い物が持てません。, 団子っ鼻が特徴
で。土遁系のチャクラ性質を持ちます。戦闘のスキルや潜在能力は非常に高く
。センスだけならナルトをも上回ると考えられます。, 登場シーンの回数や物語
の様々な忍術を扱うことが出来。忍界大戦終盤には六道仙人の力を授けられた
ことで左目に輪廻眼を開眼させます。,一方サスケはイタチとの共闘を通じて。
改めて忍世界。里。忍とは何なのかを知りたいと思うようになる。

輪廻眼を持つ者は五大性質変化全てを扱うことができる他「六道の術」と称される強力な7つの特殊能力を得る。 能力の一つに「記号のパターン認識」があり、どんな微細な違いだろうとそのパターンを完璧に記憶できる。本来肉眼では捉えることのできない現象を透視することも可能。※写輪眼によるチャクラ透視やコピー能力の原点的な力?うちはの石碑文の読み取り、サスケの巻物の位置情報の読み取りとマーキング、ペインの結界網の透視、見えざる世界?輪墓?に存在する物体の透視、常人では認識すらできないボルトとモモシキ接触現象の透視等開眼者には上記の他、新たなに一つの固有能力が与えられる。六道の術?天道引力や斥力を自在に操る。あらゆる物質を引き寄せる『万象天引』斥力を発生させあらゆるものを弾き飛ばす『神羅天征』強力な引力を持つ黒いチャクラの球体核を作り出し、あらゆるものを引き寄せ小さな星岩の塊を作る『地爆天星』※サスケやモモシキは対象者を核にできるなどが使える。応用術『天碍震星使用者:うちはマダラ』輪廻眼の瞳力で成層圏に作り出した巨大な隕石を地上に引き寄せる術『天涯流星使用者:うちはマダラ』地爆天星で作り出した無数の巨大な岩石群を連続で地上に落とす術『炎遁?火雷使用者:うちはサスケ』万象天引で引き寄せた対象者を形態変化させた黒炎で串刺しにする術?餓鬼道忍術を吸収する『封術吸印』が使える。土遁や我愛羅の砂、柱間の木遁のような物理攻撃と昼虎や夜ガイのような体術による物理攻撃は吸収できない?畜生道『口寄せ?輪廻眼』が使える。契約を無視して無尽蔵に口寄せが出来るほか、口寄せ関連の術は穢土転生と獄閻王以外すべて使用可能。 呼びだされる動物は「口寄せ輪廻眼」と「外道の術」の制御下にあり、外道の黒い棒が刺さり、輪廻眼を持ち視界共有が可能。※作中では長門が?外道の力で作ったペイン六道?や?透明化するカメレオン?、?攻撃する度に増幅する三つ首の犬?、?巨大なムカデや怪鳥?を口寄せした?地獄道魂の管理を行える『口寄せ?獄閻王』が使える。 発動すると閻魔のような怪物が術者の背後に出現し、嘘をつくと対象の魂を吸い取る。この怪物は術者と対象者にしか認識できない。吸い取った魂を他の六道に移すことで損傷を回復させ蘇生することができる。 閻魔は輪廻眼を持ち、視覚共有されている。?人間道対象者の魂を抜く『吸魂の術』が使える。対象の頭を掴み、体の動きを封じた上で一瞬で記憶や情報を読み取り、最終的には魂を抜いて即死させる。?修羅道肉体に絡繰の鎧を口寄せする『修羅の攻』が使える。ミサイルやロケットパンチ、レーザーを撃ったりと、忍界にない異世界の兵器でも関係なく呼び出すことが出来る。?外道上記の六道の他もう一つの道で生死を司る力。『 外道の術』黒い棒を生成し、刺した対象の動きを制御する。 死体ならば完全に制御?自在に操ることができ、生者ならばチャクラを乱して動きを抑制する。『外道?輪廻天生の術』死者蘇生ができる術死体がある場合は閻魔の口から出した魂を死体に入れることで蘇生されるが、穢土転生体の場合は塵の肉体が生身の肉体に変化し蘇生される。 対象となる死者が極最近に死んだ者の場合は一度に大量の蘇生も可能だが、転生忍術の宿命として術者は死亡する。 『口寄せ?外道魔像』尾獣チャクラの入れ物である魔像を口寄せし、使役する術 『ペイン六道』魂を操る地獄道と口寄せを操る畜生道、外道を併用した死体を操る術。外道の黒棒をアンテナとすることで遠隔制御することができ、輪廻眼特有の能力を付加することも可能。オビトは人柱力を使って生前の能力を付加させた 各々が持つ輪廻眼で視界は全て共有されてる。※輪廻眼を移植した者が使えるのはここまで固有能力?輪墓?辺獄使用者:うちはマダラ見えざる世界「輪墓」から自分の分身体を作り出す術。片目なら一体、両目なら四体作り出せる。本来この分身は目視することも感知することも不可能だが輪廻眼を持つ者は目視することができ攻撃はできない、六道仙術を持つ者は感知と攻撃することができる。?天手力使用者:うちはサスケ一瞬で任意の空間同士を入れ替える術。攻撃のサポートや回避等、汎用性が高い。輪廻眼で視野に入れた対象及び空間であり、かつ一定の距離内でなければならない制限があるが、入れ替わる対象に制限はない。サスケはこの天手力を応用させて、異空間を移動できる術を手にした。?天之御中使用者:大筒木カグヤ自身と周囲の者を一瞬で異空間に転移させる術。 転移できる空間は始球空間、溶岩の海、氷、砂漠、酸の海、超重力の6つ。?高御産巣日神使用者:大筒木モモシキチャクラを吸収する術で感覚的には餓鬼道の上位互換に値する力。チャクラによる術を右手の輪廻眼に直接吸い込んでストックし、左手の輪廻眼で威力を増幅して打ち返す。増幅した忍術をストックした上で複数回に分けて使用したり、チャクラとして体力を回復することも可能。?名称不明使用者:大筒木ウラシキ未来予知、一度体験した時間から数秒さかのぼることができる術。受けたダメージなどは戻すことができない、?黄泉比良坂使用者:大筒木一族空間に穴を開け、自由に行き来する時異空間移動ができる術。瞬時に攻撃回避や相手の背後に回り込む奇襲の他に、攻撃を異空間に通じて死角から攻撃する、相手を強制的に異空間に閉じ込める事ができるなど汎用性が極めて高い。?無限月読使用者:カグヤ、マダラ輪廻眼を月に投影し、地上のあらゆる生物を強制的に幻術に嵌める術。 術の発動時に月から幻術に嵌める光が発光するが、いかなる手段を使っても回避が不可能。ただし同等の瞳力を持つ者例:サスケによる完成体須佐能乎によってのみ防御することができる。 術に掛かった者を神?樹界降誕によって捕らえることで、半永久的にチャクラを吸収すると共に時間を掛けて白ゼツに変化させていく。 対象者の精神は「月読」の幻術世界に囚われるが、見せられる内容は対象者それぞれが決定する自分が望む幸せな世界など。大きく分けて3つあります。1つ目は五大性質変化を全て扱える事。2つ目は六道系の技を使える3つ目は輪廻眼所有者によるが、上の2つ以外にも特殊な能力を持つ者もいる。

  • 悪口ばかり言う人の特徴と みんな自分守るため人の悪口言う
  • ラブソング ラブソング歌うアイドル自身恋愛禁止いか
  • アイスクリーム アイスクリームな甘い食べので
  • 小泉たつみ 名前年齢知らない男性気なってまうのおかいこか
  • 中3の女子 身長170cmなりたいか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です