太平洋戦争 太平洋戦争時日本の軍部は緒戦でアメリカ軍特に

太平洋戦争 太平洋戦争時日本の軍部は緒戦でアメリカ軍特に

太平洋戦争 太平洋戦争時日本の軍部は緒戦でアメリカ軍特に。決して応じると考えていた軍部関係者が多かった訳ではないと思います。太平洋戦争時、日本の軍部は緒戦でアメリカ軍(特にアメリカ海軍)に大損害を与えたら、アメリカは講和に応じると考えて、開戦に踏み切ったのですか 第3章。因がアメリカの海軍力の急速な整備であり。最も重要な1つの経済的要因が。
アメ リカの石油 角田順「日本の対米開戦」。日本国際政治学会?太平洋戦争
原因研究部編『太平洋 戦争への第2に。アメリカの経済制裁は日本経済に
大きな打撃を与えた。は。何とかしてアメリカとの戦争を回避することを考え
ていたと思われる。とくに。アメリカの対日石油禁輸は。日本の指導者に
荒井憲一「対日全面禁輸決定の構造」『防衛大学校紀要』第 輯 年。
-近代戦争レポート集。日清戦争とは。1894明治27年から翌年にかけて。朝鮮をめぐって
起こった日本と清との戦争である。日本軍は連戦連勝を続け。清国の首都北京
にせまり。1895年3月。清国はアメリカ公使を通じて日本に講和を申し入れ
てきた。僕の感想は。日本が先のことを考え。朝鮮を独立させなかったら日本
はロシアの植民地になっていたかもしれないと思うとの早朝。
日本の海軍はハワイの真珠湾にあるアメリカ海軍の基地を攻撃して大損害を与え
ました。

開戦。昭和年年月日。日本海軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃。アメリカ
太平洋艦隊に大打撃を与えました。また。その時間以上前には日本陸軍が
イギリス領マレー半島に奇襲上陸しています。同日。日本はアジアや太平洋の
各地で太平洋の戦争。アメリカを開戦に踏み切らせた攻撃 年 月 日。当時のアメリカ大統領
フランクリン ルーズヴェルトが「屈辱の日」と国民に伝えたこの日に。
アメリカにとっての第二次世界大戦が始まりました。日本軍がハワイの真珠湾
海軍基地太平洋戦争。年昭和月日。真珠湾攻撃。日本のアメリカ。イギリスへの宣戦
布告で始まり。日本の降伏文書とくに第一次世界大戦中の
日本の強引な大陸進出は。アメリカをはじめとする列国の反感を買っていた。
その推進力であった陸軍は対象国としてソ連を考えていたが。月独ソ不可侵条約
の成立によって実現を阻まれ。無為無策のしかし対米戦に不安を抱いていた
海軍は。開戦反対を明言せず。一方日中戦争の主役であった陸軍は中国からの
撤兵に反対

決して応じると考えていた軍部関係者が多かった訳ではないと思います。要するに日本は勝算があったとか講和が見込めたからアメリカに開戦した訳ではなく、戦争せざるを得ないところまで追い詰められたから開戦したのが主な理由です。戦争は必ず安全圏から始める訳ではなく、見切り発車で始まる時も多々あります。いや、そんなことはありません。開戦に踏み切った理由はもっとぐだぐだです。有り体にいえば、誰も責任を取ろうとしなかったので、開戦以外の選択肢がなくなってしまったんですよ。勝てないだろうことはじつは承知の上でした。開戦が実質決定された11月1~2日の会議で、陸海軍ともに強硬論は主張していますが、じつはこんなことも言っていたりします。アジア歴史資料センターレファレンスコード C12120254800 11月1日連絡会議状況「閲覧」から0620ページに進むと以下の記述があります。---軍令部総長「若し敵が短期戦を企図する場合は我の最も希望する所にして此を迎撃して勝算我に在りと確信す。然れども之をもって戦争の決ならざるべく戦争は十中八九長期戦となるべし」---土壇場でこんなことを言い出すのも大概ですが、短期戦で決着をつけるのは無理、まず長期戦になると発言しているんですね。その上で0624では、海軍として責任を持って言えることは、二年は確算あり、三年以降は不明というものでした。短期決戦は無理、長期戦になる、三年以降の状況は不明というのは、普通に解釈すれば勝てないということですが、そこまで踏み込んだことは絶対に言わない。おまけに海軍はこれについてなんら補足説明をしませんでした。説明したくなかったんですね。海軍力が米海軍の増強にまったく対応できない海軍では1943年には対米5割に戦力が落ち込むと推測していたといってしまえば、対米戦のために戦力を整備し、予算を獲得していた海軍の存在意義が問われる。もっといえば南部仏印進出を強引に進めた責任を問われる。それに海軍は陸軍が全責任を海軍におしつけて戦争を回避しようとしていると疑心暗鬼に陥っていたので、戦争をやめようなんて絶対に言えない。一方の陸軍も海軍が陸軍に全責任を押しつけて陸軍が大陸から撤兵することで戦争を回避し、自分たちはだんまり決め込むつもりだと疑心暗鬼に陥っていたので、弱みなんか絶対に見せようとしない。上層部も本音では対米戦はまずいと思っていても、組織の原理、組織の方針というものには逆らえないので、組織の利益を害しないことを第一に行動するしかない。ちなみにこの海軍の発言に限らず、軍で横行していた「行間を読んでこちらの意思をくみ取り、そちらが決定してくれ」という都合のよい考えは随所で見られますが、これに対して相手は「わざと意思をくみ取らずはぐらかす」というのも横行していました。軍令部総長発言に対する首相東條の答弁が見事にそれで、要約すれば不明なら資源地帯を占領して粘ればどうにかなるかもしれないなぁ。といったコメントをしています。本音では絶対にないでしょう。第三次近衛内閣では日米交渉に反対する東條に対して説得工作が行われましたが、11月7日に行われた及川海相との私的な話し合いでは、東條が「戦争の勝利の自信はどうであるか」とたずね、それに対して及川が「それはない」と答えています。これに対して東條は「海軍に自信がないというなら考え直さなければならない」と返答しています。が、12日の荻窪会談では、及川は自信がないなどとはおくびにも出さず、東條も強硬論を主張して譲らなかった。14日にはいわゆる心臓論を展開し、撤兵に絶対応じないとして日米交渉に反対し、近衛は閣内不一致を理由に政権を投げ出すこととなります。及川も東條も個人的な考えとしては勝機がないことなど承知しているのに、会議ではそう言わない、会議では組織としての発言をしないといけないからです。そしてその組織としての発言は、組織防衛が最優先で、日本という国家のことは、それより下だったんですよ。まず…軍部と一言で言っても、巨大な組織です。だから、どの国の軍でも、個人毎の本音レベルの考えは一致しない、それがフツーです。が、『組織としては、議論をして一つの方針を決める』それもフツーです。だから、個人の意見の相違は横に置いて、『正式決定された方針?戦略』=『軍の方針?戦略』と考えて良い、それが常識です。一つの戦略があって、それに沿って軍備を進め、兵を展開し、その戦略目標を達成しようとする、それは基本中の基本ですよね。それがバラバラだと、リソース配分の優先順位もバラバラになり、どれも中途半端になりかねませんからね。勿論、その方針は後で見直しされる事はあるし、Plan Bみたいなものもあった方が良いですが…ところが、当時の日本では、方針が決まったようで実は決まっていない、みたいな事が横行していました。↓に防衛省防衛研究所の第七回戦争史研究国際フォーラムの報告書の一つ『日本陸海軍と南進—「自存」と「自衛」の戦略—』小谷賢へのリンクがあります。その結論部分から引用します。~~1940年代の日本の戦略を概観すると、そこには一貫したものがあまり見られないため、この時期の日本の戦略について語ろうとすると複雑極まりない。一応、基本的な日本の方針は政府や陸海軍の間で「国策」という形で纏められていたが、それは相互の対立を生み出さないような玉虫色のものであり、大抵は両者に配慮した両論併記の空虚な言葉が使われたのである。中略日本陸軍に詳しいアルビン?クックスは、1941年における日本の政策決定を、「洗練されておらず、偏狭でばらばらで断続的かつ煮え切らない」と評し、またマイケル?バーンハートは、「常に自分の都合に良い判断Best Case Analysis」と評している。そしてこのような傾向は、陸海軍の作戦至上主義的な視角によってさらに強められ、非常に狭い視野からしか物事を見なくなるのである。陸軍省軍務局課員であった石井秋穂大佐はその回想で、「作戦さへ上手くいけば、民主主義国民は真っ先に参るものと信ずる」と書いており、これは戦略レベルにおける日本の失敗を、作戦レベルで挽回しようとした日本陸海軍の限界が露呈したともいえる。~~こうしたグダグダな状況だったので、『太平洋戦争時、日本の軍部は緒戦でアメリカ軍特にアメリカ海軍に大損害を与えたら、アメリカは講和に応じると考えて、開戦に踏み切った』のかどうか、と言う疑問に明確に答えるのが著しく困難、これ、わりと常識です。仮に『正式な方針』をそのまま読むなら、『日本の軍部は緒戦で米軍特に海軍に大損害を与えたら、アメリカは講和に応じると考えて、開戦に踏み切った』のでは、全くありません。開戦前の海陸合意の、公式の“こうして勝つ少なくとも負けないシナリオ“は、大本営政府連絡会議決定『対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案』です。国立公文書館アジア歴史資料センターで見られます。ご自身で確認される場合は、レファレンスコードC12120209300を↓に入力してリンクを辿って下さい。冒頭の『方針』部分を引用します。~~一 速に極東における米英蘭の根拠を覆滅して自存自衛を確立すると共に、更に積極的措置に依り蒋政権の屈服を促進し、独伊と提携して先づ英の屈服を図り、米の継戦意志を喪失せしむるに勉む。二 極力戦争対手の拡大を防止し第三国の利導に勉む。~~これを公式シナリオにした理由について、の軍事参議会での永野海軍軍令部総長の説明をご紹介します。アジ歴レファレンスコードC12120205700の5~7/24~~長期戦に於ては各種の原因より予見し難き要素を包含す。先づ米に比し我れは諸種の材料、資源少く工業力に於て格段の差あり且開戦後に於ける米の兵力補備につきては今日以上の能率を現はすべきを予見し得べく又海上交通の保護、攻撃等の点に於ても米は潜水艦を東洋に増派すること容易なるべしと思考せらる。之らの点に関してのみ考ふるも数年後の長期に亘り確信を以て戦局の帰結に関し述ぶること困難なり。況んや此間に起るべき世界状勢の変化逆賭し難きものあるおや、日本海軍としては開戦二ヶ年の間は必勝の確信を有するも遺憾ながら各種不明の原因を含む将来の長期に亘る戦局につきては予見し得ず。又講和の緒につきて一言す。対米作戦に於て最も我苦痛とする所は敵の本拠を衝くこと困難なる点にあり。米は重要資源を他より求めざるべからざるを以て之が妨害をなすことは可能なるも其絶対性につきては懸念なき能はず。唯英米連合軍の弱点は英国にありと考へらる。即ち海上交通絶ゆれば英を餓死せしめて屈服せしむること最も捷径なり。之に先ち独逸の英本土上陸成功すれば更に有利なり。英を屈服の余儀なきに至らしめ一蓮托生の英米を圧すること吾人の着意すべき点にして日独の間にも此くの如く協定するを利ありとす。~~と説明しています。まず英国を屈服させて米国もまとめて講和するのが「最も捷径」一番の早道と言っていますが、戦争自体では「米国に勝つ事を諦めている」に近く、「それしかない」と言った方が良いぐらいです。通常であれば、正式決定された戦略が『先づ英の屈服を図り、米の継戦意志を喪失せしむるに勉む』である以上、日本軍は『太平洋戦争時、日本の軍部は緒戦でアメリカ軍特にアメリカ海軍に大損害を与えたら、アメリカは講和に応じると考えて、開戦に踏み切った』のではない、むしろ真逆で、米国を軍事的な勝利で講和に追い込める、なんて考えていなかっただから、先ず英国を屈服させようとした、が文句なしに正しい、って事になります。ところが、連合艦隊司令長官山本五十六は、『開戦当初に救うべからざる程度にその士気を喪失せしむる』べし、と言う意見だった、これは彼の意見書や彼の発言に関する他人の回顧などからハッキリしています。ただ、積極的攻勢で米国の戦意喪失を狙う事を強く意識していた、は異論のないところですが、『そうすれば、米国が講和に応じるだろう』と迄言っていたか、と言うと、所詮は素人の私ですがそうした資料を知りません『積極的攻勢で米国の戦意を喪失させないで、長期不敗の体制なんてあり得ない』と言った発言も伝わっています。だから、山本五十六が『初戦で米国に大損害を与えたら、アメリカは講和に応じると考えていた』と言ったら言い過ぎで、永野修身が『米国を軍事力で講和に追い込めないのだから、英国を餓死に追い込む《しか》ない』と考えたのに対して、山本五十六は『戦争が長引けば長引く程日本は不利なのだから、相対的に戦力が優位な内に出来るだけ米国を叩く《しか》ない』だった、と考えた方が良い、と私は思っています。いずれにしても、陸海軍が正式に合意し事実上の最高国家意思決定機関だった大本営政府連絡会議で決まった『英国を屈服させる。そうしたら米国も講和に応じるだろう』と言う『負けないシナリオ』とは不整合な《方向》の考えを山本五十六が持っていた、それは確かです。そして山本五十六的な発想は、既に御紹介した『負けないシナリオ』『対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案』の中の方針ではなくより細かいレベルの要領の方の凡有手段を尽して適時米海軍主力を誘致し之を撃滅するに勉むに混入していました。英国をまず屈服させるなら、開戦当初はともかくもインド洋での通商破壊などに力点が移るべきであって、『あらゆる手段で米国海軍主力を戦闘にさそって撃滅する』と言うのは変ですからね。これも『玉虫色』の『両者に配慮した両論併記の空虚な言葉』の一例、当時の日本の指導者層の”お得意”パターンです。で、実際には…真珠湾攻撃など初戦で絶好調だった為に、戦略変更の議論がないまま、なし崩し的に『山本五十六的積極攻勢論』が力を持ってしまう。それに対して陸軍にはかなり懸念する考えもあったところがミッドウェー海戦の敗北で、積極攻勢論が現実性を失う更にドイツが独ソ戦を片付けて英国屈服に注力してくれる期待も消える結局、単に『長期不敗態勢の維持』しかない、言い換えれば『こうして負けない』と言うシナリオがないまま、戦い続ける事になると言った経過は、第一回戦争史研究国際フォーラムの報告書の一つ『日本の戦争計画におけるイギリス要因 : 「対英米蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」の消滅まで』赤木完爾?2003年3月に詳しいです。↓にリンクありこんな感じでしたから…フツーの軍の常識に沿って、正式方針を軍の方針とするなら、『日本の軍部は緒戦でアメリカ軍特にアメリカ海軍に大損害を与えたら、アメリカは講和に応じると考えて、開戦に踏み切った』は、真逆です。米国を軍事力で講和に追い込めない、と言う考えが、正式方針の基礎です。正式方針とは別の実態を言えば、開戦直前には『日本の軍部は緒戦でアメリカ軍特にアメリカ海軍に大損害を与えたら、アメリカは講和に応じる』と迄表現出来るかは個人によって違いはあっても、そうした考え《も》あった、そしてミッドウェー海戦ぐらい迄はその意見が現実に採用されてしまった、とは言えます。とにかく、こんなグダグダな状況だったんで『これが軍部の考えでごさいます』みたいな主張があったら、それだけで、眉に唾をタップリつけた方が良いですよ。尚、英国を屈服させるにしろ、積極攻勢で米国を講和に追い込むにしろ、世界戦争を日清?日露戦争のセンスでしか考えられなかった当時の日本の指導者層の『幻想』に過ぎない事には変わりはない、と言うのが↑の赤木完爾の論文の結論です。あまり言われていませんがそうなのです。「アメリカ相手だったから一日で終わらなかった。あれだけやられたら他の国なら終わっていたよ」高木 惣吉 海軍少将 戦後の回想「これハワイ作戦成功の報で、不敗の態勢を確立できた」田中作戦部長 「諸君よ、安心し給え。米太平洋艦隊は壊滅した。~中略~ 彼等が日本に攻めて来る事は決して無いだろう」大本営海軍部平出課長の帝大生に対する演説。12月23日重要史料に成るであろう宇垣纏の『戦藻録』や『三和義勇日誌』の開戦時、昭和16年の頁は何者かによって隠蔽されてしまいました。海軍将校らは本心から真珠湾の一撃でアメリカが戦意喪失し和平を請うて来ると錯覚していたのです。 時期的にいって抹消された二冊の記録にも同様の勘違い記述が残されていたものと思われます。長期持久で戦争を見ていた軍令部に逆らい、前半の連合艦隊は常に前に出る決戦主義であったの確かです。その証拠資料は黒島らが世の中から抹消してしまいました。

  • 再入荷1番人気のRope トレードの感想くださいσ^_^
  • 苗字でポン タイ人の友人のラインスタンプの意味わかりませ
  • みんなの知識 四角形でなくアメリカ国旗よく似たデザインで
  • 天然女とは 悩みなさそう誰好かれやすいよね嫌われたこなさ
  • 六角棒レンチの使い方 クロスバイクの六角レンチヘックスレ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です