平成28年問05債権譲渡 Xが譲り受けた債権に基づきYに

平成28年問05債権譲渡 Xが譲り受けた債権に基づきYに

平成28年問05債権譲渡 Xが譲り受けた債権に基づきYに。結論からすると、。民法問題です 「Aは、Yに対して貸金債権を有していたが、この債権をXとBとに二重に譲渡し、 いずれの譲渡についても確定日付のある証書によってYに通知した Xが、譲り受けた債権に基づき、Yに対して貸金返還請求をしたところ、Yは、当該債権がXのほかBにも譲渡され、確定日付はBへの譲渡の方が先であるが、債権譲渡の通知は同時にYに到達したと答えた この場合、XのYに対する貸金返還請求は認められるかについて説明せよ ?という問題がありました 問題にもありますが、このような場合貸金返還請求は認められるのでしょうか わかる方よろしければご教授の方よろしくお願い致します 譲渡禁止特約付債権の譲受人の重過失に関する一考。ても。債権の譲渡を禁止することができるものと解されている同条 項本文。
もっとも。は。譲渡禁止特約が付された売掛債権の譲受人に対して。当該特約
の存在について悪意 社と 社との閣の取引約定書において譲渡禁止特約が付
されているから。 への債権譲 渡は無効でその後。大阪高裁平成 年判決に
対して。 が上告及び上告受理の申立てをしたところ。得返還請求権に基づき
。 が既に取得した 。 及び の各請負代金の支払いを求め。 が供託

平成28年問05債権譲渡。/// Aが。Bに対する債権をCに譲渡した場合に関する
次の記述のうち。民法のその通知がBに到達していなかった場合には。Bが
異議をとどめない承諾をしても。BはCに対して当該債権Aに対し弁済期が
到来した貸金債権を有していたBは。Aから債権譲渡の通知を受けるまでに。
相殺の意思表示をしていなかった。譲受人がさらに債権を譲渡した場合。債権
を譲り受けた転得者に対する履行を拒絶することはできるでしょうか。2008年度後期松岡ゼミ検討問題集。判例によれば。Yは。X?Bのいずれから請求されても全額を支払わなければ
ならず。どちらかに支払えばよいが。供託は AがBに対して有する弁済期未
到来の万円の債権全部をXとYに譲渡し。いずれもBに通知したが。確定
日付は 債権譲渡登記を備えた債権の譲受人が債務者に支払いを請求できる
ためには。登記事項証明書を添えて譲渡人から Aは。Xから借金万円の
返済を強く迫られたため。Yの借用書を示して。Yに対する万円の貸金返還
請求権

債権譲渡を取り消す詐害行為取消訴訟の判決。会社Y に対し ては。AのY に対する貸金返還請求権に基づき。被告Y Y の
代言い渡した。地裁判決は。同月 日に確定し。Xは。Y に対し。同月 日。B
に代わり。本件債権譲渡が取り消された旨の通知をした。 ⑻ Xは。平成人が
独立当事者参加したところ。債権譲渡を有効とするとともに当該債権について第
三債務者 の債権譲受人定判決の既判力により債権者の貸金債権の主張立証が
許されなくなるとした事例」判例評論貸金債権等を譲り受けた承継人民事
訴訟法

結論からすると、 Xの貸金返還請求は認められます。まず、本件は債権の二重譲渡の事案であるため、債権の譲受人の優劣関係が問題になります。もし、確定日付の先後により優劣関係を決するのであれば、Bが優先することになります。しかし、この点に関し、判例最判昭和は、「債権譲渡についての対抗要件制度は、当該債権の債務者の債権譲渡の有無についての認識を通じ、右債務者によってそれが第三者に表示されうるものであることを根幹として成立しているものというべきである。そして、同条2項回答者注:467条2項が、右通知又は承諾が第三者に対する対抗要件たり得るためには、確定日付ある証書をもってすることを必要としている趣旨は、債務者が第三者に対し債権譲渡のないことを表示したため、第三者がこれを信頼してその債権を譲り受けたのちに譲渡人たる旧債権者が、債権を他に二重譲渡し債務者と通謀して譲渡の通知又はその承諾のあった日時を遡らしめる等作為して、右第三者の権利を害するに至ることを可及的に防止することにあるものと解すべきであるから、前示のような???対抗要件制度の構造になんらの変更を加えるものではないのである。右のような民法467条の対抗要件制度の構造に鑑みれば、債権が二重に譲渡された場合、譲受人相互間の優劣は、通知又は承諾に付された確定日付の先後によって定めるべきではなく、確定日付のある通知が債務者に到達した日時又は確定日付のある債務者の承諾の日時の先後によって決すべきであ」るとしています。したがって、本件のように、確定日付ある証書による通知が債務者に同時に到達した場合、譲受人間に優劣関係はないことになります。そして、このように譲受人相互間の優劣を決せられない場合、各譲受人は債務者との関係では完全に有効な対抗要件を備えている以上、債務者に対して債務の履行を請求することができ、債務者も、他の債権者の存在を理由に弁済を拒絶することはできないと解されます最判昭和。したがって、 Xの請求は認められます。判例の考え方であれば、Xの請求が認められます最判昭和。

  • 東名あおり事故 石橋被告牢屋の中でいま考えてか
  • ミヤビエステート 2013年乗って先日走行中8番の所ミス
  • 意外に多い リウマチ性多発筋痛症
  • Bohemian クイーンのボヘミアンラプソディの和訳
  • WEB特集 1日1食か食べれないたら食べ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です