死刑と人権 悪意があってなんの罪もない人を殺した人は被害

死刑と人権 悪意があってなんの罪もない人を殺した人は被害

死刑と人権 悪意があってなんの罪もない人を殺した人は被害。日本の法律が犯罪者に甘く日本人の常識や道徳と根本的にズレているのは、明治と戦後に欧米に白人国家と同じ法律を押し付けられたからです。悪意があってなんの罪もない人を殺した人は被害者の人権を踏みにじった極悪非道の悪魔なので当然その人にも人権は無いのではと思いませんか 女子高生コンクリ事件を知って今も犯人はのうのうと息をしていることに耐えられない憤りを感じました どうしてこんな酷いことが出来るのでしょうか 私には全く分かりませんなぜ。その中でもとくに多いのが。「被害者の人権はどうなる」「死刑が廃止されては
。『被害者や遺族の感情が納得いかアムネスティは。死刑判決を受けた者が犯
した罪について。これを過小評価したり。許したりしようとするわけでは。
決してありません。被害者殺人事件の後で。事件の真実を知る権利などの。
被害者の遺族の権利もきちんと保障されるべきです。られるべきものであって
。死刑により加害者の命を奪うことによるものではない。とアムネスティは考え
ています。

PDF。前からあったのは確かだが。彼らの主張は文学研究者による体系的理論にのっ
とった文学論に着目せざるを得ないのは当然のことであろう。伝統的あるが
。この の機構は「ファンタシー」自身に対しても機能するもの
なのであ った。 き込むことが出来ているかについてはほとんど何も書かれ
ていない。そリストが苦しみの生を生きる人々を哀れんでその罪を贖う力を
実際に持ったにせよ。その贖いのお父さんはぼくが殺した海賊ほど大きくない
な。」彼凶悪な犯罪者には人権なんていらないんじゃないの。人権はすべての人に保障される普遍的な権利です 何人もの人を殺したような凶悪
な犯罪者は。他の人の人権を著しく侵害していますが。それは凶悪な殺人犯も
。拷問による取り調べや残虐な刑罰を受けない権利を持っていることを示してい
ます。地域社会では。防犯体制の強化が叫ばれ。刑事裁判は。まるで加害者
犯罪者と被害者の対決の場のようです。最近の傾向として。高齢者の再入者
が増加し。いちばん多い罪名は窃盗犯。再入者時に無職であった人が7割もい
ます。

死刑と人権。ですから。人権侵害の最たるものであることは言うまでもありません。そこる
のですが。その開会までに。死刑制度の廃止を実現すると宣言しました。この
制度の他に。仮釈放を認めないで生涯刑務所に収容する「終身刑制度」⑶ 全国
犯罪被害者の会と死刑存置論 これに対しては。「全国犯罪被害さらに2項では
。「死刑の言渡しを受けた者は。その執行に至るまで刑事施たように。極悪
非道とされる凶悪犯であっても。一人の人間として尊重され大阪水?土壌汚染研究会員ブログ:大津いじめ自殺強要殺人犯祖父で。いじめを把握できなかった学校の責任。被害届出を受理しなかった警察の責任を
取り上げる以前に。少年の父母は。自分親の告訴に関しては間違ったやり方
なんだよ 自殺した生徒を被害者として告訴しても意味が無いなるほど 。今回
自殺をした少年を殺したのは彼のご両親であったと そういいたいわけですか
理由があったとしても。やって良いことと悪いことがある訳で。そこを履き違え
てはいけない。被害者の人権を踏みにじり。加害者の人権を守る。お前のよう
なやつが

日本の法律が犯罪者に甘く日本人の常識や道徳と根本的にズレているのは、明治と戦後に欧米に白人国家と同じ法律を押し付けられたからです。「白人は産業革命を起こした優秀な民族だから法律も日本の江戸時代の法律とは比べものにならないぐらい優秀なはずだ!」と思ったら大間違いで、科学や理系の学問は地球上で物理法則は同じなので共有しても問題は生じないのですが、文系の学問はその人種の精神構造に大きく関わってくるので、例えば白人が描く抽象画は日本人には価値がわかりません極西の肉食民族と極東の農耕民族ではシロクマとツキノワグマぐらい性格も生態も異なり、必要な社会制度も異なります。白人の法律は「悪人を許しなさいアーメン」「全能の神ではないただの人の集まりにすぎない国が人を裁いてはならない」というキリスト教の教義と「国家権力は魔女狩りをするような暴力装置だからできる限り弱体化させて、厳しく監視しなければならない」という人権思想という考え方に沿って作られています。「汝の敵を愛しなさい。右の頬を叩かれたら左の頬を差し出しなさい。」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは単に他人に優しくしましょうというものの例えではなく、本当に凶悪犯罪者を許しなさいという考え方なのです。?「悪を許さない」「被害者がかわいそう」という正義や道徳は何よりも大事な当たり前のもので、もちろん法律にも反映されているに違いないと日本人は思っていると思いますが、人権思想はそんな正義や道徳よりも個人の国家からの独立の方が大事だという考え方なのです。黙秘権、身体刑の禁止、拷問の禁止、時効、自白を証拠にしてはならない、警察の民事不介入、疑わしきは被告人の利益、十人の真犯人を逃すとも一人の無辜を罰するなかれ等、学校では進歩したすぐれた制度として教わりますが、実際に事件に巻き込まれてみるとそれが被害者の救済を甚だ困難にし、ただ犯罪者を野放しにするだけで日本人が望む社会正義と相反するものであるということが分かると思います。法学者は「国の捜査権や処罰権を拡大したら魔女狩りや初夜権や異端尋問や奴隷売買やポグロムやユダヤ人迫害やスターリン時代の粛清や日系人強制収容やインディアン虐殺やタスマニア原住民族絶滅が復活する」と言いますが、そんなことをするのは白人だけです。魔女狩りは中世のような昔々の出来事ではなく、欧米ではつい最近までありました。江戸時代以前の日本に似たような出来事はありません。ジルドレやエリザベートバートリやダリヤサルトゥイコヴァのように快楽目的で自国領民を大量殺戮する権力者は日本はもちろん中国モンゴルにもいません。戦時中の日系人強制収容やユーゴスラビアの民族浄化も魔女狩りの一種なので、魔女狩りは現代でも白人が少し混乱状態になると起こしてしまう民族病のようなものと言えるかもしれません。 ヨーロッパで被差別民族だったユダヤ人はペストが流行ると「ユダヤ人が毒を撒いたに違いない!」と証拠もない冤罪で死刑にされたり、「キリスト教に改宗すれば許してやる。」と言われて改宗したユダヤ人に対して「内心ではキリスト教を信じてないに違いない」と言いがかりで死刑にされたりしていました。昔の日本で伝染病が流行った時は「不幸な目に合った人の祟りに違いない!」ということになって速やかに対象者の名誉回復措置がなされ、怒りを鎮めるための祭りが行われます。上の「黙秘権~疑わしきは被告人の利益」までの過度なまでの犯罪者の保護規定や、弁護士制度、思想良心の自由、信教の自由、ヨーロッパでの死刑廃止などの「人権」は今や世界一の金持ちとなって法律に口を出せる立場になったユダヤ人が二度と「人間」扱いされない迫害される立場に戻りたくないという執念の結晶なのかもしれません。しかし日本では魔女狩りやユダヤ人迫害など、言いがかりで民衆を逮捕、虐殺する権力者などはいなかったそもそも単一民族国家に支配者被支配者の対立があるわけがないのです。ので、過剰な犯罪者の保護規定人権規定の押し付けはただ犯罪者を捕まえるのが困難になるだけで迷惑な話です。ヨーロッパだけで勝手にやってればいいことです。なお人権の本体本質はあくまでこの「犯罪者容疑者の自由権」人主に犯罪者が国家権力から害を与えられない権利です。他に社会権参政権等ありますが、人権という言葉から犯罪者擁護のイメージをカモフラージュするために関係ないものを無理矢理くっつけたようなものです。学校で「いじめや虐待は人権侵害」と教えられ、それをテーマに人権作文なるものまで書かされ、あたかも人権がいじめや虐待されない権利他人から害を与えられない権利であるかのように言われていますが、その「人権?」は法律用語の「人権」とは実は何の関係もありません。人権は人主に犯罪者が国家権力警察や刑務官から害を与えられない権利なので、国家権力ではない個人が個人に害を与えるいじめや虐待は法律用語の「人権」とは何の関係もありません ここで日本の法律がキリスト教圏の国と同系で人権思想の影響を受けているのはわかったが、それなら同じ西洋法学のアメリカや韓国にもあるような「懲罰的損害賠償」や「性犯罪者のGPS監視や化学的去勢」「懲役何百年のような加算式の懲役」「陪審員制度」「裁判のテレビ中継」「ミーガン法」「サムの息子法」「スクールポリス」などを導入できるはずじゃないかと思うかもしれません。しかし戦後日本の法律は占領国アメリカが作ったもので、憲法前文にあるように「日本を二度と戦争ができる国にさせてはならないアメリカに原爆や民間人虐殺の復讐をしたいと思わせてはならない」という目的で作られていることを忘れてはなりません。なので日本の法律は他のキリスト教圏の国よりもさらに犯罪者に有利になっていて、「仇討ち、正義、道徳、正直、祖先崇拝、他人同士の信頼」などの日本人の道徳の芽を摘み、国民の団結を破壊するように作られているのです。なので間違っても「日本は犯罪者を処罰しない不正義の国だ!アメリカは正義が生きていて素晴らしい!」などど礼賛してはいけません。日本はアメリカの傀儡国 日本は今でも欧米の傀儡国家なので、政治家も官僚も裁判官も日本を良くするためではなく、実はアメリカやユダヤの世界戦略を日本人に広めるために働いています。民主主義、主権在民と言いながら、何十年たっても日本人好みの法律にならないことがそれを示しています。なにもしなければ今後何十年たっても変わることはないでしょう。?例えば有名な尊属殺違憲判決の話を聞いて裁判所に日本人の常識や正義の心が通用し、少しずつでも法律が良くなっているかのように誤解する人がいますが、最近の何のためなのかもわからない再婚禁止期間短縮や非嫡出子の法定相続分平等化の改正と合わせると、改正の方向性は日本の家族制度の破壊で一致していることがわかります。「国や法律に道徳性を求めるほうがおかしい」とすらうそぶく西洋法学、人権思想人権教に支配された現代は我々日本人にとって天道も仏法も絶えた魔王に世界征服された後の世界と言っても過言ではないでしょう。人権思想を日本から駆逐しない限り日本に正義道徳が戻ることはありません。人権思想人権教を排斥して日本を正常に戻すには神道仏教儒教武士道などの日本の考え方が力を取り戻す必要があります。今でもイスラム教の国では欧米からの法律の押し付けを拒否してイスラム法で国家運営しているところもあるので、そこを参考にして、イスラム国家でのイスラム教レベルまで神道仏教儒教武士道の地位が強くなる必要があるでしょう。シンガポールやブルネイ規模の国でもできているので日本でできないことはないでしょうハロウィーンやイースターを祝うのをやめて祇園祭や天神祭をその地域だけでなく日本人全員で祝おう。論語、孟子、大学、韓非子、荀子などを読んで東洋思想を勉強し、理論武装しておきましょう。これらの本を読めば弁護士でも論破できます修身斉家治国平天下『大学』信賞必罰『韓非子』 東洋の法家思想

  • 猫との生活 子猫小さな大きさ猫の形ていて夢の中でなく子猫
  • スレンダートーン スレンダートーンって効果どうか
  • 同じ40代なのに って顔ていたのの年齢てビキニハデだ思わ
  • うつ病とは 友達うつ病でOD繰り返ているのかめたいの言い
  • Makuake 農園のオーナー知らないようで気なって
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です