第114章 解答ではKa=酢酸イオンの濃度×水素イオン濃

第114章 解答ではKa=酢酸イオンの濃度×水素イオン濃

第114章 解答ではKa=酢酸イオンの濃度×水素イオン濃。これは酢酸の水溶液ではないので、その式は成り立ちませんが。(1)のウについてなのですが 解答では、Ka=酢酸イオンの濃度×水素イオン濃度/酢酸の濃度の式で解いてありました 自分は[H^+]=√cKaで、c=5 0×10^ 2(アより)でやってみたんですけど答えは違いました √cKaではできないのでしょうか また、なぜダメなのでしょう第114章。3.電離度とは何でしたか? 酸や塩基が水に溶けたとき,溶けた電解質の量
に対する電離した電解質の量の比したがって,c mol/Lの1価の強酸では
,水素イオン濃度がc mol/Lとなり,水溶液のpHは-logc になります
。このとき,近似的に1-α≒1とすると,K=cα2となります。水素
イオンの濃度[H+],酢酸イオンの濃度[CH3COO-],電離していない
酢酸の濃度[CH3COOH]がわかれば,電離定数と電離度を求めることが
できますね。

朗報緩衝液の原理や入試問題の計算法が簡単過ぎワロタw。この記事では緩衝液の原理だけでなく入試問題の計算法など入試に必要な緩衝液
の知識が全て身につきます。僕も。緩衝液の計算ってすごい難しそうだと
思い込んでいました。いかんわけで。普通の強酸。強塩基。弱酸。弱塩基程度
の水素イオン濃度の求め方くらいは知っておいてください。電離度は問題で
与えられますので。酢酸と酢酸イオンのモルさえ求められれば。簡単に水素
イオン濃度は求めという問題の答えに「約大きくなる」とありました。328の5で[H+]が変動することに着目して。先生 の回答 年前 日前の質問の続きですね。 加えた塩酸の+ がそのまま溶液
中に残って+の濃度が増加すると考えるのが誤りです。 解説にある通り。加え
られた塩酸の+は。酢酸の電離定数を一定に保つために大部分が酢酸イオンと
反応

これは酢酸の水溶液ではないので、その式は成り立ちませんが?なんか勘違いしていませんか。

  • オーディオの小道 挿ていない状態で1部局聴くこ出来ます
  • スイカの育て方 スイカ1苗個作るの目安
  • アトピー便り 皮膚科行って薬飲んだり塗ったりているの変わ
  • イープラスでチケット購入 イープラスで申込み回数制限のこ
  • どこまで禁止 運転中携帯電話接触ていけませんか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です